クラルス

小学校受験の家庭教師 東京・横浜【クラルス】送迎・難関校・共働き


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

共働き家庭のための小学校受験を徹底サポート!東京・神奈川の送迎サービス付き 。雙葉、白百合、暁星、洗足、成蹊、早稲田実業など難関私立小学校の合格実績を持つ受験指導経験者によるプロが合格へと導きます。お子様に足りない分野を把握することにより必要な講座のご案内し、お子様のご性格に合わせたレッスンでやる気を最大限に引き出します。まずは体験レッスンをご体感ください。

なぜ小学校受験が増えているのかというと、難易度が高い反面として受験を突破をした時の見返りが大きいからです。この小学高受験を実施する学校は、基本的に国が運営をする国立もしくは自治体が運営をしている公立になります。私立の学校と違ってこの2つの学校は国と自治体が支援をしているため、最先端の授業カリキュラムを受けることができます。さらに国と自治体が支援をしているため補助制度が充実しており、入学金やその後の就学金そしてイベントごとに参加費用といった部分も資金面の夜負担が減るのです。そして小学校受験をする学校の多くは、早稲田や慶應を代表するようにエスカレーター式の学校にしています。そのため小学校を卒業したらいちいち受験をしなくてもエスカレーターで進学できるので、受験のために必要になる費用もなくなります。これらが受験をするメリットが多いのが需要が増えている理由ですが、先に言ったとおりにこの仕組みを突破するのは難易度が高いです。なぜ難易度が高いのかというと、近年の受験は基礎学力以外の部分も重要視されているからです。最新の受験項目は国語や算数と理科に加えて、グローバル社会を生き抜いていくためには英語能力も必須なので英語の単語と話せる技術が求められています。ここまでが従来の受験内容になりますが、現在では人間性も重視されるためディベートのような議論や会話能力も求められるのです。そして子供を育てている親も合格における判断材料になるため、面接試験の際に親の受けごたえもしっかりとレクチャーしないと合格できない狭き門です。そのため受験をさせようと考えた時に、現在では様々な参考書がありますが単独で挑むのはやめておいたほうが無難といえます。これから小学高受験を受けたいのであれば、やはり専門の家庭教師に依頼することが重要です。家庭教師は、近年の傾向から出題される内容を把握したうえで適切な教育を子供に教えてあげることが可能です。さらにディベートや面接試験の内容も、家庭教師が面接官となって注意事項を伝えてくれるので小学校受験の成功率を上げてくれます。
<<関連情報:小学校受験 家庭教師>>