アールシーレンタカー

商用車・特殊車両の損保代車レンタカーなら「アールシーレンタカー」 – アールシーレンタカーは損保・事故代車専門のレンタカー会社です。商用車・冷凍車・特殊車両などご利用者様のニーズに合った様々な車種をご用意しています。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

商用車・特殊車両の損保代車レンタカーは「アールシーレンタカー」にお任せ下さい。ご利用者様の様々なニーズに対応した車種をご用意しております。代車の受付から納車までのスピードは業界トップレベルです。365日専門スタッフが対応。お気軽にどうぞ。

レンタカーを借りるにしても、普通自動車のみならず、特殊車両というように、専門的な事業者向けにもレンタルできる会社が存在しています。その1つが、損保・事故代車専門の会社です。取り扱う車両は、商用車や福祉車両ですが、こうした会社は全国展開していることにより、希少な車種を探す手間を省けるようです。どんな車両が求められているのかといえば、福祉業界では手動運転装置付きといったタイプですし、左アクセル・ブレーキにワンタッチで切り替える必要のある車両も、もとからそうした造りで提供されています。左アクセスや手動運転、そうした内容のみならず、トラックの中ではアームロールやパッカー車などが求められています。アームロールを知る一般の方は少ないのではないでしょうか。シャシーに荷台を着脱させる装置(アーム)を装備しているのがアームロールです。また、パッカー車は、ごみ収集車を指している車両です。自動的に荷箱にゴミを押し込んで、圧縮する装置が標準装備されています。レンタカー会社によって、手動運転車両、左アクセス車両など、取り扱う機能、その台数もマチマチですが、使用用途により圧縮板式や回転板式などを提供してくれます。しかし、見かける頻度の少なくなっているロータリー式などは、古い車種であるためにレンタカーとしてはリーズナブルなレンタル料金で提供されています。事業を拡大したい、新規事業を考えている、そうした相談に応じてくれるのも専門会社ならではです。回転板式は、家庭ゴミ収集や造園業者からも利用されています。左アクセスなどは購入することを考えてのお試しとしたレンタルサービスの利用としても少なくない話しです。また、回転板式を例にあげれば、圧縮率が低めになっています。メリットやデメリットをしっかり説明してくれる、そうした業者であれば、損となる選択はしないでしょう。ちなみに、現在パッカー車の架装メーカーは数社ほどしかありませんから、希少な車両の確保はレンタカー会社の規模、人脈にかかってくるでしょう。