株式会社カーリス

さくらのレンタルサーバ


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

スマートフォンにおいて絶対にiPhone派という人にその理由を聞くと、操作のしやすさと共に画面のきれいさという答えが返ってくることが多いのが特徴です。もともとは芸術分野で使われるのを想定して作られたパソコンであるMacを作って世界中を虜にしたApple社が手掛けるスマートフォンですので、画面の美しさにこだわっているのも納得できるところです。iPhoneを使った人から順にどんどんその画像の美しさに魅入られてしまい、新しい機種が出るたびにすぐさま乗り換える人も少なくありません。そんなiPhoneですから、いくらガラスの表面を保護するためとはいえ画像の美しさを損なうフィルムを貼るのは避けたいとして、何も貼らないという人も少なくないのも、iPhone派の特徴と言えるでしょう。ただ、iPhoneを愛用する人にとって機種本体の値段がかなり高いことと、ガラスの表面が割れた場合に公式ストアから修理をせず、街中のスマートフォン修理の店を利用してガラスを交換してしまうと、その後は公式ストアでの修理の受付は一切してもらうことができなくなるのは大きな悩みでしょう。ガラスでできていると言っても過言ではないスマートフォンだけに、ガラス表面を保護する対策は不可欠なことから、iPhoneの液晶画面の美しさを保ちつつ、保護するにはガラスコーティングが最適です。ガラスコーティングは専用の溶剤を使ってスマートフォンのガラス表面に9Hの硬度をもたせることが可能なコーティング技術のことで、フィルムのように画面が暗く見えるといったことがない上に、仕上がった後は画面により光沢感が出て、きれいに見えるのが特徴となっています。フィルムと違って厚みもほとんどでないことから、ガラスコーティングが仕上がったとして返されたとしても、見た目には全く分からないのがガラスコーティングの最大の特徴です。これらの特徴からiPhoneの美しい画面を損ないたくないけれど、割れたりひびが入るのは避けたいという人の利用が増えています。