明大前アートクリニック

杉並区の特定不妊治療助成事業指定医療機関、明大前アートクリニック | 男性不妊も行っています


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

明大前アートクリニックは杉並区の京王線明大前駅より徒歩5分にある不妊治療専門クリニックです。タイミング法や人工授精などの一般不妊の方から体外受精・顕微授精、男性不妊も行っています。

結婚を経験したカップルは、一日でも早く赤ちゃんを授かりたい人が増えています。30代を過ぎると、20代の頃に比べると妊娠する確率も下がってくるので、不妊が疑われる時は早めに治療を始める必要があります。井の頭線の専門クリニックでは、事前に予約を入れておくと、医師や心療心理士によるカウンセリングや診察などを受けることが出来ます。女性側に原因がある場合は、卵巣や子宮などの生殖機能に問題があったり、生理不順などが原因で排卵日が特定しにくいこともあります。井の頭線の専門クリニックでは、デリケートな体の悩みが相談しやすく、超音波エコーやCT、内診などで精密検査を受けることが出来ます。最初はタイミング法による不妊治療を行いますが、なかなか妊娠できないこともあります。体外受精は欧米諸国などでは、大変ポピュラーな不妊治療のひとつです。排卵障害などがみられる場合は、排卵を誘発するための内服薬や注射などを行い、複数の卵子を採取します。痛みに敏感な人は不安を感じている人が多いですが、採卵は極細の針を使用するため、痛みはほとんどありません。採取した卵子と精子を体外で培養させます。凍結保存をすることもありますが、一定期間を過ぎたら子宮内に受精卵を戻します。受精卵が子宮に着床すると赤ちゃんを授かることが出来ます。井の頭線の専門クリニックでは、高い技術を持った医療スタッフが在籍をしているので、体外受精の治療を行うことで、赤ちゃんを授かった人が増えています。基本的には保険適用外の不妊治療ですが、費用の相談もしやすいです。医療ローンを組んだり、クレジットカード払いにも対応をしています。なかなか赤ちゃんが出来ないと、精神的にプレッシャーを感じることが多く、精神的なストレスがたまりやすくなります。過度なストレスはホルモンバランスの乱れの原因になるので、適度に趣味や娯楽を楽しむことも大事です。井の頭線の専門クリニックでは、体外受精の治療法やメリットなどを説明してくれます。
<<関連情報:杉並区 不妊治療>>