通訳案内士試験道場

通訳案内士試験道場(中国語・韓国語地理・歴史・一般常識)


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。

海外から来た観光客が楽しんで観光できるように案内をする国際的なガイドとしての資格、通訳案内士試験に合格するためには、筆記試験と口述試験に合格しなければなりません。受験勉強は複数の科目にわたっていますが、受験する内容によっては免除される可能性もあるため、通訳案内士試験を案内しているホームページで詳細を確認し、内容をチェックしてから受験をしてください。特に大きなポイントとして、自分の住んでいる地域で受験ができるかどうか、確認するところでしょう。国内で受験ができる場所としては、札幌・仙台・東京近郊・名古屋・大阪近郊・広島・福岡・沖縄となっています。また、海外在住の人が受験できる場所としては、ソウル・台北となっていますが、外国語に制限があるため、注意してください。なお、準会場として熊本と新潟の専門学校が選択されていますが、多くの場合、主要都市の海上で受験することになるといわれています。自分の住んでいる地域に最も近い場所で受験をすることが必要となりますが、受験会場がはっきりするまでは宿泊地をおさえることができないため、苦労するという人もいます。試験は午前・午後と分かれているため、前日に自分の住んでいる地域に最も近い主要都市に入り、安眠できるように宿泊する人が多いです。地域によっては交通の便がいいため、宿泊せずとも試験会場に入れるという人もいますが、不安な場合には下見に一度訪れておくこと、また、交通手段を確認しておくことが必須となるでしょう。日本時間で朝9時から試験は開始されるため、それよりも早い時間に海上入りしておかなければなりません。交通の便がどんなによくても、会場に入るのがギリギリという場合には、前日からビジネスホテルなどに宿泊し、体調を整えた上で受験することが望ましいといえます。体調のコンディションを整えることも試験に合格するうえで最も大切な要素とされているため、前日に問題を解くことに集中せず、安眠を取れる環境を整えてリラックスしてか通訳案内士試験に臨んでください。
<<関連情報:通訳案内士試験>>